東京都公立小学校事務職員会 

最新のお知らせ

2020.10.08

会報:「No.201号」をUPしました。

研究協議会:「11月27日開催のお知らせ」をUPしました。

研究協議会:「研究協議会報告9月」をUPしました。

東京小支部:「定期総会書面表決結果」をUPしました。

2020.09.18

新会長就任にあたり:ご挨拶と活動方針を掲載しました。

東京小支部:「令和2年度定期総会-書面表決-」をUPしました。

会員専用:「様式集」のファイルを更新しました。

役員専用:「財務部」のファイルを更新しました。

2020.09.07

総会における資格審査結果・表決結果を更新しました。

学校事務研究会:10/22「年末調整の留意点」詳細をUPしました。

新会長就任にあたり
 
1.新型コロナウイルスの猛威から今日まで
 この半年間は誰も経験したことのない出来事の連続だったと思います。新型コロナウイルスという未知の困難にぶつかり、大変苦労されたのではないでしょうか。
 誰も経験したことのない事象に対応するには、一人の発想力だけでは限界があり、たくさんの人々の様々な見方、とらえ方から生まれる知恵を出し合って、課題の解決に当たったのではないでしょうか。
 情報の重要性、多視点からのアイデアの重要性を感じた半年間でした。まだコロナ禍は続きます。この難局を乗り切るよう皆で力を合わせてがんばりましょう。
2.ウイズコロナとしての今後の活動
 コロナ禍の中、都公小事も活動の縮小を余儀なくされてきました。ウイズコロナ時代に突入した今、都公小事は縮小することなく、十分な対策を講じて活動を継続していきます。
 9月より研究協議会を再開します。10月には新宿税務署より講師を招き、年末調整に関する研究協議会を行います。2月には研究大会を開催します。いずれもコロナに対する安全対策を十分検討したうえで開催します。
 マスク着用義務など、ご来場者様に協力していただくこともあるかと思いますが、ぜひご参加いただければと思います。
 また、再び参集ができなくなったとしても、様々な媒体を利用して活動を継続させ、求められるサービスを提供しなければなりません。その為の準備をしていきます。コロナは学校や支部活動に影響を及ぼしてます。誰もがはじめての経験です。ぜひ都公小事を情報交換の場として活用してほしいと思います。
3.全会員の皆様へのお願い
 ここからは東京都公立小学校事務職員会や区市町村の事務職員会の話をさせていただきます。
 今都公小事は存続の危機に直面しています。監査を除いた理事・役員の人数は昨年度より2人減り、現在12人です。当初この人数でよく維持していけると大変驚きました。一人ひとり職場の仕事をこなしながら都公小事の活動にも力を注いでます。
 現在は各部ほぼ1名で活動してます。これ以上人数が減れば、改善を実行するのが困難になるどころか、間違いなく立ち行かなくなります。今がぎりぎりの人数です。都公中事との統合にもクリアすべき様々な課題があり、今すぐにできるものではありません。今問われているのは学校事務職員会が必要なのかどうか、一人ひとりの意思です。皆様はどう思いますか?
 私は事務職員会は必要だと、確信を持って言えます。
 もしそう思う人が他にもいるのなら、ひっそりでもいいので声をかけていただき、力を貸してほしいです。
 傍観者にならないでください。一人ひとりが当事者なのです。一緒に魅力ある都公小事をこれからつくっていきましょう。
 コロナ禍の困難はまだ続きますが、どうかお体を大切にお過ごしください。

 令和2年9月 谷尾 圭晶